名高トピックス

名高トピックス

弓道部 東日本高等学校弓道大会宮城県予選会 女子チーム優勝

1/22(土)宮城県弓道場で行われた東日本高等学校弓道大会宮城県予選会において、女子チームが優勝し、宮城第一代表として、3/24(金)~26(日)青森県弘前市で行われる東日本高等学校弓道大会に出場することとなりました。

   

弓道部より

 弓道部は(場所をご存じない方も多いかと思いますが、)体育館裏にある弓道場で、練習しています。現在の名取高校は校舎、体育館、校庭などが新しく整備されていますが、震災時に的を立てる安土が傾いたまま、降雨時はその安土の屋根が短く、矢が濡れてしまうために、ドライヤーで矢羽根を乾かしながら活動を継続しています。冬場は霜焼けと闘いながらと過酷な環境の中で活動をしていますが、そんな環境の元で「上位大会出場」という高い目標を掲げ、部員全員が全力で部活動をしてきた中で結果を残せたことをとても嬉しく感じています。3月の大会で良い結果を残し、6月の高校総体で活躍できるよう、部員全員で練習に取り組んでいきたいと思います。

第30回一筆啓上賞の入選

日本一短い手紙で知られるコンクール「第30回一筆啓上賞」の入賞作品が20日発表されました。テーマは「挑戦・チャレンジ」で国内外から3万9704点の応募があり、本校2年の菊地真依さんが佳作に入賞しました。

コンクールホームページ

2学年就職ガイダンス

1月20日(金),2学年の就職希望者を対象とした「高校生のための就職ガイダンス」を行いました。株式会社東京リーガルマインド様より4名の講師の先生をお迎えし,約50名の生徒が 職業選択に関することや 仕事理解, 就職活動の進め方,面接等への対応策に関すること等の講義を受けました。また,グループ毎に模擬面接を行いきめ細かな指導をいただきました。

第16回「青春21文字のメッセージ」の入選

「青春21文字のメッセージ」は、京阪電車石坂線(石山坂本線)の駅数21にちなみ、青春にまつわる思い出や夢を21文字で表現するコンクールです。第16回「青春21文字のメッセージ」にて、4名の作品が入選しました。また,学校としても団体賞に選考されました。

作品

一本遅い電車君と会えるなら遅刻もありかも

「朝早いね」と笑う君に「君がいるから」と心の内

初めて君と出会ったこの場所が私の恋の始発駅

LGBT認められて堂々と手をつなげる帰り道

詳しくはコンクールホームページをご覧ください。

令和4年度選挙出前講座

1月12日(木),宮城県選挙管理委員会及び宮城県明るい選挙推進協議会主催の選挙出前講座が本校体育館で行われました。本校2学年生徒が選挙の重要性について学習した後,模擬投票を行いました。

「みやぎのこども未来博~学びの術~」オンライン交流会

 「みやぎのこども未来博~学びの術~」は,宮城県教育委員会が主催する,県内の小学生,中学生及び高校生が「総合的な探究の時間」などで取り組んだ様々な分野の研究や探究活動を発表するイベントです。12月17日(土)に,参加者間の交流を目的としたオンライン交流会が開催され,本校2年生3名が参加しました。講義のあと,他校の参加者と日ごろの研究について活発に意見交換を行いました。

 

小林一茶196回忌全国俳句大会への入選

 信濃町の小林一茶記念館で催されている表記の大会で、本校生徒の作品が佳作に入選しました。大会の詳細と優秀作品については大会ホームページをご覧ください。

 2年 關川美宥 短冊と笹がぶつかる涼しさよ

 1年 戸田晴希 セミが鳴くスイカを食べるそんな夏

 1年 佐藤海里 猛暑日が続いて猫が液体化

 2年 佐藤彩花 冷蔵庫開けてふわりと白い風

 2年 森菜々美 失恋の夕立見つめる君の顔

 1年 竹内蓮斗 夏空を見上げて思う生きてると